ブログトップ

生活陶器「on the table」 ウチのごはん ときどきおやつ + うつわ

onthet.exblog.jp

カテゴリ:粉引のお皿( 4 )

粉引おしょう油皿

e0274238_13393953.jpg


いろいろなお料理本で見かけるたびに、
一度、作って食べてみたいと思っていた「栗の渋皮煮」。
スーパーで栗が特売されているのをみて、
衝動的に「作ってみよう!」と思い、初挑戦してみました!

水に一晩つける→鬼皮をむく
→煮る・渋皮の繊維を取るの作業を3回繰り返す
→お砂糖で煮る。

トータルで2日間くらいかかりました。
地味な作業でしたが、何だか無心になれるような、
気持ちが落ち着くような…そんな時間でした。

たくさん作ったので、作業場のみんなのお茶請けにもしてもらいました。
私も家で、栗ちゃん、味わっています。

この日は2粒。「粉引おしょう油皿」にのせてみました♪

秋の栗仕事。無事、終了。
また、来年挑戦してみたいと思います♪


生活陶器「on the table」
[PR]
by onthetable2002 | 2012-10-18 13:43 | 粉引のお皿

粉引6寸皿

e0274238_1112232.jpg


年齢のせいか、肉より魚。な、主人と私。
最近、カルパッチョに凝っています。
この日はタコで作りました♪
タコとタコの間には、テラスで育てているバジルをはさみ、
上には、素揚げしたナスと、実家で採れたキュウリを。
ちょっとだけ、レモン汁をたっぷり気味にしたら、
酸味が利いて、とっても美味しかったです。
バジルの葉っぱを加えたのも大正解!

盛りつけた器は「粉引6寸皿」。2人で食べるカルパッチョには
ちょうど良い大きさでした。
少しだけ深さがあるので、オイルやレモン汁くらいの
汁気は受け止めてくれます。
ぜひ、使ってみてください♪


器づかい は 心づかい

生活陶器「on the table」
[PR]
by onthetable2002 | 2012-08-22 11:19 | 粉引のお皿

粉引5寸深皿

e0274238_1455813.jpg


少し前は、サラダと言えばリーフ系のものしか作れなかったのですが、
それではあまりにつまらないので、
最近は、色々なものを混ぜ合わせたサラダを作るようになりました。
この日は、ひじき&紫たまねぎ&レンコン&お豆 のサラダ。
これらをまとめるドレッシングも、
最近、とっても簡単でおいしいものを知りました!
オリーブオイル&塩&こしょう&レモン汁。
これだけで、材料が一体となって、立派なサラダになってくれます♪

盛り付けたのは、「粉引5寸深皿」。色々な材料を使って、
キレイな彩りになったサラダを
引き立ててくれる、本当にシンプルなお皿。
縁が立っているので、汁気も受け止めてくれます。
主人と二人でいただくサラダの量にはピッタリです。

「器づかい は 心づかい」

素材の色をキレイに見せてくれる器。
作る私だけでなく、食べる人も気持ちが良いみたい♪


生活陶器「on the table」
[PR]
by onthetable2002 | 2012-05-23 14:16 | 粉引のお皿

粉引5.5寸平皿&楕円鉢(小)

e0274238_16274780.jpg


ここ数日、我が家のごはんは菜っ葉率が高くなっています。
今日のお昼ご飯は、菜の花の炒め物。
オリーブオイル&塩&コショウのみで味付け。
ちょっと焦げ目がつくくらいに焼くのがお気に入りです。
今しか食べられない菜の花は、
辛し和え、わさび和え、昆布〆などなど、
色々な食べ方をしますが、
私はこの菜の花ソテーが一番のお気に入りです。
ほろ苦さ&ほんのり甘みも感じられて美味なのです。

盛り付けたお皿は「粉引5.5寸平皿」。なんでもない普通のお皿は、
色々なお料理に使えて便利♪
菜の花ソテーのような、副菜の炒め物にもピッタリでした。

e0274238_16312335.jpg


こちらも菜っ葉ちゃん。
やはりこの時期にしか食べられないからし菜です。
我が家では、お漬物にしていただくのが定番。

大きくなったからし菜はちょっと硬いので、
お漬物にするのは、若い葉でないと…というのが吉沢家の慣わし(?)。
義母は、若い葉っぱのことを「ほきてきたばかりのはっぱ」と言います。
畑から、「ほきてきたばっかりのからし菜」を摘んで、
からし菜のお漬物を作ります。

からし菜は、名前の通り本当に辛い!
菜っ葉なのに辛いのが、最初はちょっと不思議でしたが、
ご飯のお供にピッタリで、やみつきになります。


盛り付けたお鉢は「楕円鉢(小)」。当製陶所で、
もう何年も作り続けている器です。
制作担当は義母。
義母が畑で育てたからし菜を、義母が作った器でいただく。
ちょっと、心が温かくなります。


「器づかい は 心づかい」

手作りの器でいただくごはんは、心も満たしてくれるような気がします。

生活陶器「on the table」
[PR]
by onthetable2002 | 2012-04-21 16:56 | 粉引のお皿